スポンサードリンク

駆け込み受験の効果?TOEIC公開テストの受験者数が255万人超で過去最多に

階段

TOEIC公開テストの2015年度受験者数が、過去最多だったと。国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が4月7日に発表したそうだ。

ビジネスで使う英語の力を測るテスト「TOEIC」の2015年度受験者数は、前年度比15万6000人増の255万6000人で、過去最多になった。

 運営団体の国際ビジネスコミュニケーション協会(東京)が7日、発表した。

 英語を「話す」「書く」力を測るテスト「TOEIC S&W」の受験者数も同比2300人増の2万6300人となり、過去最多だった。

 同協会は「ビジネスの国際化に加え、訪日外国人が増加し、英語を必要とする機会が増えたためでは」としている。

TOEIC受験者、過去最多の255万6千人

大幅増加の理由はTOEICのリニューアルを控えての駆け込み受験?

最多記録の更新は、ここ数年ずっと続いている傾向なのだが、今回は、前年度からの受験者数の伸びが久々に大きかったらしい。

2011年度 2,270,000人
 ↓(+34,000)
2012年度 2,304,000人
 ↓(+57,000)
2013年度 2,361,000人
 ↓(+39,000)
2014年度 2,400,000人
 ↓(+156,000
2015年度 2,556,000人

数字は、TOEIC|プレスリリース|2016年度|2015年度TOEICプログラム総受験者数は過去最高の277.9万人に より引用した、TOEIC公開テストの受験者数。IPテストの受験者を含む。

数万人単位の増加(伸び率1~2%)で推移していたのが、いきなり15万6千人増で250万人突破(約6%増)。IIBCは、ビジネスの国際化と訪日外国人の増加が理由と見ているようだが、私がまず最初に考えたのは、リニューアル直前の駆け込み受験効果が影響してるんじゃないの?ということだ。

前回、2006年のリニューアル時はどうだった?

検証のために、前回のTOEICリニューアルがあった2006年5月の前年度、2005年の伸び率はどうだったのかを、調べてみることにした。

TOEIC®テスト受験者数の推移

計算してみたらこうだった。

2003年 1,423,000人
 ↓(+10,000)
2004年 1,433,000人
 ↓(+66,000
2005年 1,499,000人
 ↓(+33,000)
2006年 1,532,000人

2005年の受験者は約150万人で、前年度比で+約5%。その前後が1~2%の伸び率なので、やはりリニューアル前の駆け込み需要というのはあるのかもしれない。

ただその後、何もなかったはずの2006年度と2007年度を比較すると、7%ぐらい伸びてるんだよね。それを考えると、一概に駆け込み需要乙、とは言えない気がする。

2006年 1,532,000人
 ↓(+103,000)
2007年 1,635,000人

震災の年には受験者数が増える?

ところで、他の年度の推移も見てみると、2010年度から2011年度にかけての受験数の増加ぶりがすさまじいことが分かる。

TOEIC®テスト受験者数の推移(再掲)

対前年比で49万人増。約28%も伸びているのだ。その原因として、震災を挙げる人がちらほら見受けられる。例えばこちら。

2011年度のTOEIC受験者増加率は、1995年以来の高さ|白谷のノート(3冊目)

なんでも、2011年度のTOEIC受験者数が、対前年度比で28%増というのは、対前年度比で27.5%を記録した1995年度以来の増加率だったそうで。

「白谷のノート(3冊目)」さんの著者はこう書いている。

1995年は阪神・淡路大震災が起こった年。もしかすると、日本企業のグローバル化に加え、「日本に住めなくなるかも」という危機感も、TOEIC受験者数を押し上げるのかもしれない。

うーむ、危機感が英語熱を煽るのか?でも、海外に出るなら、TOEICはちょっと実践的じゃない気がするな。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ